ライトショアジギングロッド 選び方

知ってますか?ライトショアジギング

ライトショアジギングとは、堤防やサーフでメタルジグを使った釣りのことです。

 

ターゲットはイナダやショゴ、サバ、ソーダガツオなどの青物がメイン。
ロッドとメタルジグがあれば釣りができるという気軽さが受け、今人気の釣りなのです。

 

釣り方は簡単です。

 

まず、メタルジグを思いっきりキャストします。そして・・・

  • ただひたすら速くリールを巻く
  • グイッとロッドをあおったら、ロッド倒しながらリールを巻く

このどちらかを繰り返すだけです。

 

その作業のなかで、重要なタックルって何だと思いますか?

  • メタルジグでしょうか?
  • リールでしょうか?
  • ラインでしょうか?

 

いえいえ違います。実は「ロッド」なんです。

なぜロッドは重要なの?

ロッドの役割はすごく重要です。

  • ジグをキャストする
  • ジグにアクションを加える
  • ヒットした魚を寄せる

このすべての作業にロッドが関わってくるからです。

 

いいロッドだと・・・

  • ルアーがよく飛ぶ
  • ジグのアクションがビシバシ決まる
  • ヒット後のやり取りが楽しい
  • 釣りしていても疲れないので楽しい

 

悪いロッドだと・・・

  • ルアーが飛ばない
  • ラインがガイドに絡まってルアーだけバイバイ
  • ジグにアクションがいまいち伝わらない
  • ヒットしても楽しくない
  • 釣りをして疲れる

 

ライトショアジギングは「キャスト」と「リトリーブ」という作業の繰り返し。
この釣りが楽しくなるか、辛くなるかはロッド次第といっても過言ではないでしょう。

どうやってショアジギングロッドを選ぶの?

ターゲットや釣り場、釣り方を考えて選びましょう。
ライトショアジギングなら

  • ターゲットは40センチぐらいまでの青物
  • 釣り場は堤防やサーフ
  • 使うメタルジグは40gぐらいまで
  • 価格は実売価格で2万円ぐらいまで

 

この釣りは、ターゲットをワラサ以上にするとかなりヘビーで本格的なジギングロッドになってしまい、半日も釣りができないぐらいクタクタに疲れてしまいます。

 

ですので、上の3つを目安にロッド選びを考えてみます。

 

ロッドの長さは?

キャストを続けられることと掛けた魚をいなせることを考えると、9フィート前後のロッドを選びましょう。

 

ロッドのパワーは?

40g前後のジグをキャストできるものがいいです。パワーとしてはミディアムかミディアムヘビーがいいです。

 

他に選ぶポイントは?

PEラインを使うのでSICガイドが付いているもの選びましょう。

 

これらを踏まえて、ライトショアジギングロッド選んでみます。
ライトショアジギングロッドの選び方へ>>